• 流山 さとうえみ

【みりんシュトーレンのヒミツ】④食べ方のアレンジ

こんにちは、流山のさとうえみです。


みりんシュトーレンのヒミツ第4弾・最終回です。

machimin まちをみんなでつくる まちみんで販売しているみりんシュトーレン。(バター、砂糖、卵不使用です。)

バターと砂糖を使っていないからこそできる楽しみ方をご紹介します。


禁断のバターのせ!!



周りに塗ってある分くらいなら、上にのせても良いよね?と、誰かに言い訳するように自分を納得させ、のせてみました。

シュトーレンは軽くトーストし、その上に。

有塩バターで正解でした。外国産の、塩分しっかりした発酵バターだともっとよさそう。

間違いない美味しさです。


次に、周りに砂糖がないからこそ。



クリームチーズと生ハム、黒コショウにピンクペッパーを飾ってみました。

レーズンやクルミのカンパーニュでブルスケッタを作るイメージでやってみました。

シュトーレンのフルーツの甘み、チーズと生ハムの塩気、スパイスの香り、ナッツの歯ごたえ。とてもリッチに仕上がりました。これは絶対にワインです。

もう少し薄めに切るか、ブルーチーズにしても美味しそうです。


そのまま食べても美味しいシュトーレンですが、遠慮なく色んなアレンジをして楽しんでみてくださいね。

これ美味しかった!などあれば、ぜひ教えて下さい。


これにて【みりんシュトーレンのヒミツ】は一旦終わります。

美味しいアレンジをご報告いただいたり、思いついたりしたらまた投稿します。


引き続き、みりんシュトーレンの深まる味わいとクリスマスの気配を楽しみましょう☆

49回の閲覧0件のコメント