• 流山 さとうえみ

みりんスイーツが特別支援学校流山高等学園へ!その2

こんにちは、流山のさとうえみです。

先週に引き続き、本みりん研究所の佐藤恵美として、特別支援学校「流山高等学園」福祉サービスコースで喫茶サービスを学ぶ生徒さんたちに授業をしてきました。

その1はこちら



学校には広々とした厨房があり、併設のnカフェベーカリーで販売するパンやクッキーを作っています。

今日は先週とはメンバーが入れ替わり、はじめましての生徒さんたち。

みりんクッキーとみりんビスコッティーのプレーンに加え、ココアに初挑戦しました。

クッキーの絞りはやはり難しいですね。専門学校時代、ひたすら何ヶ月も絞りばっかり特訓したのを思い出しました。

当時全然楽しくなかったのですが、大切な事だったのだなぁと、改めて。


ビスコッティーはすぐにでも商品化できそうな出来栄え!素晴らしい~!!


ココアはプレーンより少し硬い、切るとぽろぽろ崩れる、なんでだろう??

おお~、いい疑問ですね。

こういった疑問から、材料に対する興味が湧いて、聞いて調べて驚いて・・というのが、「教えてもらう」ではなく「学ぶ」ことなのだなと思います。

そう思うと、専門学校時代は「教えてもらいに」行っていたなぁと思います。もったいない。今なら先生に聞きたい事、山ほどあるのに。


疑問が生まれた時、調べても分からない事や、この場合はどうなの?これで良いよね?と、聞ける相手がいると一気に解決しますよね。そういう存在になれたらいいなぁ。


これからみりんスイーツたちを練習し、7/10のレインボー祭りで販売するのが近々の目標です。(レインボー祭りは保護者のみ参加できるそう。行く気満々だったけど残念…!)

レインボー祭りの予行で、7/7のnカフェで試験販売するそう。ついに!


↓nカフェ営業日はこちら




はばたけ~!!!


P.S.毎日ではなく年数回の仕事なので、他の仕事も募集中です