• 流山 さとうえみ

手前味噌、約1年寝かせてみた!

こんにちは、流山のさとうえみです。

ポカポカそうな日差しに惑わされ薄着で外に出て、めちゃくちゃ寒くてビックリする季節がやって来ましたね。


さて、2020年3月に仕込んだお味噌。

お味噌の熟成期間は半年〜2年と人によってまちまちですが、本当のところ、どうなの?と、実験してみました。


一旦9月に出来上がり!(この時の投稿はコチラ)として、冷蔵庫に移しましたが、割と場所を取るので、一部はもう少し熟成させる事に。

そしてあれから約半年、久しぶりに蓋を開けてみると…

おおお~~~、少し深く色付きとーってもいい香り。

少し舐めてみると、塩分の角が取れてまろやか深~い味わい。

例えるならば、深田恭子。

あの頃も可愛かったし、ずっと可愛いけど、今は可愛いだけじゃなくてなんか、いいよね。

そんな感じ。(どんな感じ。)

比べてみると・・

左が半年前に冷蔵庫に入れたもの。右がその半年、室温で熟成を続けたもの。

まず色が違いますね。

つぶつぶ感も、右は少ないようです。そして香りが全然違いました。

表現できませんが、おばあちゃんちの朝。トントントン…という音が聞こえてきそうな。

なんとも懐かしく、幸せな香りです。


お味噌汁にしてみると違いは歴然。

全部1年寝かせても良かったなぁ、と思うくらい、美味しかったです。

去年一緒に仕込んでくれた皆さんごめんね!今年は1年我慢しましょう!


今週末に仕込む分は、これを種味噌にして仕込みます。

娘2歳半。色々分かってきてお手伝いもしたがるので、一緒に作ろうと思います。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示